スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<南アW杯>くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)

 ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の開幕に合わせ、大阪・道頓堀の「くいだおれ人形」も11日、日本代表を応援する青いTシャツ姿に衣替え。両手に小旗を持ち、「岡田ジャパン、ガンバレ!」とエールを送った。

 姿を見せたのは、くいだおれ太郎でなく、弟の次郎。太郎は深夜のテレビ観戦に備えて昼寝中−−という設定だ。衣替えは02年の日韓大会から恒例で、昼寝中の太郎が「今回は監督が大阪の岡田はん。注目の本田はんも大阪のご出身。わても応援に力が入りますねん」とコメントを出した。【安藤龍朗】

【関連ニュース】
南アW杯:競技場でキックオフコンサート 今夜開幕
日本航空:南アW杯チャーター機ゼロに
南アW杯:マンデラ氏に来てほしいが…大会組織委
雑記帳:南アW杯での勝利願い「我居るど勝歩弁当」 宮城
南アW杯:揺れる魔球も注目 軌道は予測不能、GK泣かせ

小林千代美氏「責め負わねば」「離党考えず一党員として活動」 辞職会見一問一答(産経新聞)
埼玉の県道にクマ2頭 飯能署が注意を呼びかけ(産経新聞)
南アW杯 ライオンはどこの国…神戸でオリジナルカクテル(毎日新聞)
講師にカラ出張要求 研究室ぐるみ強まる 阪大院不正経理疑惑(産経新聞)
両陛下、陶磁器試験場に(時事通信)

今後の医師養成、秋以降に検討−必要数調査踏まえ(医療介護CBニュース)

 厚生労働省医政局の新村和哉指導課長は6月5日、全日本病院協会の定期代議員会・総会後の特別講演で、今後の大学での医師養成数について、同省が実施している勤務医の必要数の調査結果を踏まえ、文部科学省と連携して秋以降に検討する考えを示した。

 大学での医師の養成をめぐっては、政府が2008年、定員数を抑制する従来の方針を転換。医学部の入学定員を昨年に693人、今年は360人増員したが、今後の養成については、「さらに増員すべきだ」といった推進論と、「大学側の環境整備が追い付かない」などの慎重論がある。
 新村氏は講演で「調査の結果を踏まえて、日本全体の医師数はどの程度不足していて、今後はどのぐらいのスパンでどのくらい増やす必要があるのかを秋以降、検討する必要がある」と説明した。

 必要医師数調査は、都道府県を通じて実施。病院のほか、分娩を扱う診療所などを対象に、地域内で施設に求められる役割を維持するには、医師があと何人必要かなどを質問する。
 新村氏は、都道府県に調査実施を既に依頼したことを明らかにした上で、「できれば夏の間に(結果の)概要を公表する」と述べた。


【関連記事】
初の医師不足実態調査の内容が判明―厚労省
医師確保対策などで要望書−全自病など
臨床研修医が増加、「基金」奏功か―鹿児島県医師会
医師・看護師とも「充足」の病院は87.5%―厚労省調べ
矯正施設12か所で常勤医師ゼロ―法務省調査

首相問責決議案、社民+民主造反3で可決も(読売新聞)
「生活再建まっしぐら」=社民キャッチフレーズ(時事通信)
小沢氏辞任の「残念会」、ビデオで「理想へ頑張る」 岩手の総決起集会(産経新聞)
<ご当地レトルトカレー>山形のさくらんぼ、熊本のトマトなど100種類(毎日新聞)
麻酔科医師、ホテルで覚せい剤を所持した容疑(読売新聞)

普天間移設「不可能だ」=自民・大島氏(時事通信)

 自民党の大島理森幹事長は30日午前、NHKの討論番組に出演し、日米両政府が米軍普天間飛行場を同県名護市辺野古に移設するとした共同声明をまとめたことに関し、「いかなる場合にも2010年8月末までに(工法などを)完了させると書いてある。沖縄県民、鹿児島県徳之島の理解が得られるのか。(実現は)不可能だと思う」と強調、鳩山由紀夫首相の退陣か衆院解散・総選挙を求めた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、福島担当相を罷免〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

宝くじ法人の改革、早急に=原口総務相(時事通信)
<日中韓首脳会談>犠牲者に黙とう 中国に変化の兆しか(毎日新聞)
<至学館大硬式野球>男女チーム分割を検討…愛知大学リーグ(毎日新聞)
明石市職員を逮捕=電車内で痴漢容疑―兵庫県警(時事通信)
「自分が勝つルール」マージャン強要、50万恐喝(読売新聞)

自民、青木氏長男を公認(産経新聞)

 自民党は19日、夏の参院選島根選挙区(改選数1)で、引退の意向を固めた現職の青木幹雄前参院議員会長(75)に代わって、青木氏の秘書で長男の一彦氏(49)を公認したと発表した。

【関連記事】
青木氏長男の擁立を批判 河野太郎氏
参院のドン・青木氏、引退へ 派閥政治の終焉を象徴
石破氏「心理的ダメージ」 青木氏不出馬で
自民・青木前参院議員会長、参院選に出馬せず 脳梗塞、引退か 
政界に驚き 大島氏「青木氏の報告待つ」、輿石氏「残念だが体調では…」
中国が優等生路線に?

鳩山首相、普天間合意「現行案に戻っていない」(産経新聞)
首相、普天間5月末決着「閣議で何らかのことを決めたい」(産経新聞)
<参院選>過半数割れなら首相退陣も 渡部恒三氏(毎日新聞)
大阪市職員、母と万引き“連携プレー”発覚逮捕(読売新聞)
所持金44円の男が焼き肉23点、12時間無銭飲食(スポーツ報知)

「ザク」が組み体操!? マニア心くすぐる笑えるフィギュア(産経新聞)

【人気の一品】

 遊べる。飾れる。そして笑える−。フィギュア玩具「ツミコレ」シリーズが、かつてアニメや特撮に胸を躍らせた男性たちの心をくすぐっている。

 東急ハンズ心斎橋店(大阪市中央区)で人気の「ツミコレ」(735〜1260円)は、約3・5センチのキャラクターを使って遊ぶ新感覚フィギュア。1箱に10〜15体のフィギュアが入っており、組み体操のように積んだり並べたりして、さまざまな形を作ることができる。

 どのフィギュアも思わず吹き出してしまうひょうきんな四つんばいのポーズ。見るだけで心を和ませる愛嬌(あいきょう)にあふれている。

 平成17年に仮面ライダーの“敵役”が入った「ショッカーマニア」の発売以来、新商品を次々と投入。現在、ショッカーは品切れ中で、機動戦士ガンダムの「ザク」などを集めた「ザクマニア」も売れ行きは絶好調という。

 「作品に欠かせない脇役を集め、マニア心をうまく突いている」と、同店バラエティグッズ販売担当の塚本亮さん。ウルトラマンの「ダダ」やゲゲゲの鬼太郎の「目玉おやじ」など、全シリーズ7種類で1カ月に50〜60個売れている。

 少年時代に好きだったキャラクターを選び、息子に贈る父親も多いという。親子が世代を越えて一緒に楽しめるというアナログの良さも人気を集める理由のひとつだ。

【関連:人気の一品】
スイーツ好き女子が夢中!! 香りまでそっくりなケーキ型せっけん
名古屋の歴史を凝縮?開府400年記念の塩キャラメルサブレ
ユニークな形が評判! 伝統の技術が生きる「変わり京座布団」
もう手放せない! 男性にも広がるストール人気
行列「9時間待ち」!あのドーナツが名古屋進出
少子化を止めろ!

国際定期便、10月末就航=羽田の新滑走路完成で―前原国交相(時事通信)
千葉で観光バスなど3台事故、12人けが(読売新聞)
普天間、政府案決定先送りも=基本閣僚委開催に社・国反対(時事通信)
足利事件弁護士が警察庁で講演=取り調べの高度化訴える(時事通信)
ラフード米運輸長官がリニア試乗=時速502キロ、「とても速かった」(時事通信)

小沢氏「起訴相当」検審、岩手知事冷ややか(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件を巡り、東京第5検察審査会が4月に小沢幹事長を「起訴相当」と議決したことについて、岩手県の達増知事は10日、記者会見で「政治的な文章が見える」との認識を示した。

 知事は、「今回は新たな事実関係が出てきたわけではなく、『絶対権力者』とか、司法の文章に出てこない、政治的な文章が見える」と述べた。その上で、検察審査会に対しては「まあ務めを果たしたということで、お疲れさまでした、ということだ」と述べ、冷ややかな感情をにじませた。

 しかし、「正式なコメントは、詳細に読んでいないので答えられない」とも語り、慎重な発言が目立った。知事は同審査会の議決が出た際には、中国出張中で、コメントを出していなかった。

太宰治賞に今村夏子氏(時事通信)
介護マンション契約金詐取 失意の被害者「よいこと尽くしだと思ったのに」(産経新聞)
<医師法違反>偽医者を逮捕 免許ないのに勤務を志願…岩手(毎日新聞)
<高松塚古墳>「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)
<転落死>4歳女児、誤ってホテル6階客室から 姫路(毎日新聞)

台湾存立の戦いに貢献した根本博元陸軍中将、台湾国防部公式に功績を認める (産経新聞)

 日中戦争後、蒋介石率いる中国国民党と中国共産党との間で中国の覇権を争って繰り広げた「国共内戦」の事実上の最終戦「金門戦争」に参戦し、国民党軍を勝利に導きながら、長年にわたって存在や関与が認められていなかった根本博・元陸軍中将(1891−1966年)について、台湾当局がその功績を公式に認めたことが分かった。終戦直後、邦人保護のために蒋介石が手をさしのべてくれた恩義に報いるべく、密航までして身を投じた日本人将軍の秘話が戦役後60年を経て明らかになった。(安藤慶太)

 関係者によると、根本元中将は福島県出身。駐蒙軍司令官だった根本元中将は、終戦を過ぎても満州や中国での侵攻を止めず、日本軍や在留邦人を苦しめるソ連軍に武装解除を拒否。日本軍守備隊に戦闘を命じて、ソ連軍の攻撃を食い止めながら、居留邦人4万人を乗せた列車と線路を守り抜いた。

 その際、邦人救済を手助けしてくれた蒋介石と国民党軍に恩義を感じ、国共内戦で敗走を続ける国民党軍に報いようと密航を決意。昭和24年、第7代台湾総督、明石元二郎の長男、元長氏(故人)や台湾の共産化に危機感を抱いた「東亜修好会」メンバーの手引きによって秘密裏に台湾入りを敢行した。

 密航によって約2週間投獄された根本元中将は、大陸を逃れた国民党軍幹部との劇的な再会を経て、「林保源」を名乗り、中国共産党の人民解放軍との最終決戦となった金門戦争(古寧頭戦役)に参戦。作戦立案が奏功し、二昼夜にわたる戦闘の末、人民解放軍は全滅した。これが、共産化を防ぐことにつながった。

 蒋介石と根本元中将とはその後も交流が続いた。最近米国で公開された「蒋介石日記」にも根本元中将に関する記述があり、蒋介石が心から信頼していた様子が読み取れる。しかし、台湾でも根本元中将の存在はもちろん、功績が認められることはなかった。金門戦争勝利への日本人の関与が明らかになることは大陸から渡ってきた蒋介石ら「外省人」が、「本省人」を支配するうえで邪魔だったためとみられる。

 しかし、戦役後60年目の昨年10月、「古寧頭(こねいとう)戦役六十周年記念式典」へ根本元中将の関係者らの出席が認められ、台湾の国防部が公式に謝意を表明、初めて功績がたたえられた。

 一連の事実をノンフィクション「この命、義に捧ぐ」(集英社刊)にまとめ、近く出版を予定しているジャーナリスト、門田隆将(りゅうしょう)氏は「台湾・国軍の日本人軍事顧問団『白団』は1990年代になってやっと存在が認められた。根本氏の渡台は白団よりも前。今の台湾の存立の戦いに“義”のために生きた日本人の奇跡的な活躍があり、それが歳月を経て正当に評価を受けたのは感慨深い」と話す。

【関連記事】
花瓶に込められた友情…蒋介石と根本元中将
深化する台湾の歴史認識 統治期の記念館が完成
【国際情勢分析】最高レベルの中台友好「次は安保」
「ハイチ支援を政治化させなかった台湾」 馮・台北駐日経済文化代表処代表
台湾親善つぶす“先行投資”

初代つばさラストラン 国内初の“ミニ新幹線”(産経新聞)
18日も16便欠航=火山噴火の影響続く−日航・全日空(時事通信)
常磐線 特急と軽ワゴン車衝突、自営業者重傷 茨城・日立(毎日新聞)
ブログに掲載、改造拳銃所持 容疑の警察官逮捕(産経新聞)
障害者団体の元事務局長逮捕=総額500万円以上横領か−長崎県警(時事通信)

亀井氏「外国人選挙権に拒否権発動している」 反対集会で強調(産経新聞)

 国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相は17日午後、都内で開かれた永住外国人への地方選挙権付与法案に反対する集会であいさつし「外国人選挙権は日本を滅ぼす。国民新党が(鳩山政権内で)拒否権を発動しているから今国会で成立はしない」と強調した。

 選挙権付与に積極姿勢の民主党からも松原仁衆院議員が出席。松原氏は「欧州は選挙権付与が盛んだという議論があるが、日本では通用しない。私は明快に反対。党内で、きちんと発言することが必要だと認識している」とあいさつした。

 自民党の大島理森幹事長、みんなの党の渡辺喜美代表、新党「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表も出席し、それぞれ反対を表明した。

ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」(産経新聞)
官房長官との面会、徳之島3町長が拒否(読売新聞)
発見化石は新属のクジラ=進化解明に期待−群馬(時事通信)
無言で1万円札わしづかみ、大阪のコンビニに刃物強盗
火山噴火 成田も欧州便の欠航拡大(毎日新聞)

米大統領「5月末決着」厳しく迫る…非公式会談(読売新聞)

 【ワシントン=小川聡】ワシントンで12日夜(日本時間13日午前)に行われた鳩山首相とオバマ米大統領との非公式会談で、米軍普天間飛行場移設で首相が目指す「5月末決着」について、オバマ大統領が確実に実現するよう首相に厳しく迫っていたことが明らかになった。

 日米両政府の複数の関係者が14日、明らかにした。

 関係者によると、会談で首相は大統領に対し、「日米同盟は大変大事で、その考えの中で努力している。5月末までに決着する」と述べ、強い決意を示すとともに、大統領に協力を求めた。

 これに対し、大統領は、首相が言う通りに必ず決着させるよう「厳しく求めた」(関係筋)という。首相は再度、5月末までに決着させる考えを示したという。

 首相は昨年11月の東京での大統領との首脳会談の際、普天間問題の早期決着について「トラスト・ミー(私を信じて)」と述べたが、結局、年内の決着は見送られた。大統領をはじめ、米政府内では、こうした首相の姿勢に強い不信感が広がっているとされ、12日の会談での大統領の厳しい態度につながったようだ。

「暴行、脅迫ない」郵便不正公判で副検事証言(読売新聞)
宝塚音楽学校 タカラジェンヌ卵たちが第一歩…入学式(毎日新聞)
裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け−静岡地裁支部(時事通信)
「肉や角、高く売れる」逮捕の“矢ジカ”男(産経新聞)
ゴルフ場スイング火災、砂地にダフり火花?(読売新聞)

家具厚生年金基金の元常務逮捕=600万円超受領、収賄容疑−警視庁(時事通信)

 「東京都家具厚生年金基金」(板橋区)が発注した管理業務をめぐり、受注業者に便宜を図った見返りに現金600万円余りを受け取った疑いが強まったとして、警視庁捜査2課などは9日、収賄容疑で元同基金常務理事三枝正久容疑者(69)=練馬区=を逮捕した。 

インフル患者、10週連続で減少(医療介護CBニュース)
「たちあがれ日本」に「立ち上がれり切れるかな?」 民主・平田氏(産経新聞)
飲酒運転 取り消し処分者の講習強化 自覚日記4週間(毎日新聞)
監禁容疑で6人逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁
民主岐阜県連、体制刷新求め党本部に意見書(読売新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
サイドビジネス
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
レンタルサーバー 比較
クレジットカード現金化 比較
レンタルサーバー
selected entries
archives
recent comment
  • <南アW杯>くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)
    AtoZ (08/28)
  • <南アW杯>くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)
    佐々木 (06/14)
  • <南アW杯>くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)
    ハミィ (04/19)
  • <南アW杯>くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)
    リンデル (01/14)
  • <南アW杯>くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)
    ソルバルウ (01/05)
  • <南アW杯>くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)
    タンやオ (12/31)
  • <南アW杯>くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)
    ナーマソフト (12/26)
  • <南アW杯>くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)
    きんちゃん (12/17)
  • <南アW杯>くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)
    パイン (12/12)
  • <南アW杯>くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)
    ヘッド (12/09)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM